~ネット輸出ビジネスで副業・起業・コンサル致します〜

キズ付いとるやないか!!

40439984_624

中本です!

久々に来ました。

運送時の破損クレーム。

 

ギターの一番弱い部分、ネックというのですが

左手で弦を押さえる部分の先の方。

一番細くなっている箇所にヒビが入った状態で

お客様の手元に届いてしまいました。

 

どれだけ厳重に梱包していても100本に1本くらい

のペースでどうしてもキズが付いていたという

運送事故が発生してしまいます。。

 

中にはどう考えてもあり得ない「途中で誰かが開けて

ぶつけてキズを付けたとしか考えられない」ような

ケースも有ります。

 

さて、ギターのネックにヒビが入っても

修理(リペア)をすれば普通に使えるので、

お客様の反応をみながらリペア代を支払うか、

もしくは返品してもらい全額返金するかの

どちらかになりますね。

 

ですが、修理で一部返金にしろ、全額返金にしろ

まずやらないと行けないのが保険の請求です。

 

僕はギターの発送はほぼ日本郵便のEMSを使っている

ので、商品代金分の保険を掛けて発送しています。

DHLやFedexの場合も基本的に保険は掛けているはずです。

 

運送中の事故による保険請求はまず、お客様が

現地国の郵便局に「ダメージレポート」を提出

してもらう事からスタートします。

 

お客様:ダメージレポート提出

     ↓

セラー:日本郵便に保険の請求

     ↓

日本郵便と相手国のキャリアで諸手続き

     ↓

運送中の事故と認められれば補償が出る

     ↓

日本郵便の必要書類に記入捺印

     ↓

指定の振込先に入金される

 

ざっくりとこんな流れになります。

相手国との郵便キャリアとのやり取りが

入るので1ヶ月とか時間が掛かるのも

ザラにあります。

 

ですので、重要なのはお客様とは

綿密に連絡を取り合って仲良くなって

おく事ですね。

中には「早く返金しろ!」とイライラする

お客様もいますので、やはり対応は

スピードが命です。

 

我々に落ち度が無く運送中の事故だと

分かればお客様もそんなには怒りません。

 

まあ逆の立場になれば当然ですよね。

1日も2日も放置されて何の連絡も

なければ、怒ってない人も怒ってしまいます。

 

とにかく早くレスポンスして早く

動いて「セラーとして最善を尽くしている」

という姿勢をお客様に伝えるのが一番です。

 

こういう対応のノウハウは、二ッ◯ン時代に

コールセンターで毎日毎日、山ほどクレーム

対応をして来てたから身に付いてたんですよね。

 

「人間万事塞翁が馬」

どんな経験も後になってどのように活きるか

分からないです。

 

という事で今現在、サラリーマンで毎日仕事と

副業でギリギリで頑張ってる皆さんも、今の

経験が今後のネットビジネスで生かされることも

ありますので、本業も副業も100%で

頑張りましょう!

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

中本明宣(ナカモト アキノブ)

FACE3



LINE@を始めました! 輸出に限らず色々な情報を配信して いこうと思います! スタンプだけでも良いので ゆるーく絡んでください!

友だち追加

おすすめ無料メルマガ

私が本気でお勧めする無料メルマガ。
輸出に限らず、稼ぎたい人は絶対に読むべき!!!

私を稼げるようにしてくれた小玉歩さんのメルマガです。

メルマガ

最近のコメント

New title